多頭飼育崩壊現場から ~1~

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           ~行き場を失った多頭飼育の現場から~
 預かりさん・里親さん 緊急募集!!                                              
 (できれば岡山県内の方)
後24匹の成犬と子犬達に 苛酷な運命が迫っています
初回訪問時は不安と恐怖で激しく吠えたり噛み合ったりで近づきにくかったのですが
二回目の訪問時は皆がとても嬉しい顔で迎えてくれ
手からおやつを食べるようになっていました
皆とてもいい子たちです。私達と一緒に何か一つでも
できることを協力して頂けませんか? 

ボランティアさん募集span> 岡山北区庄田で犬の世話をして下さる方を緊急募集  )
搬送ボランティア急募!!span> 軽トラで資材を運んで下さる方
             
              
          
(支援物資のお願い)span>
 犬小屋・ ドッグフード・ ペットシート(ワイド)(2L) 首輪・ 係留用ワイヤー・ リード ・タオル・バスタオル(洗濯済の物) ステンレスの犬用食器[大) 毛布・敷物・湯たんぽ・ホカロン連絡先
NPO法人わんぱーく   http://ww41.tiki.ne.jp/~wan89/index.html
NPO法人小さな足あと http://blog.goo.ne.jp/chiisana-ashiato
       森の小径  morinokomiti@gmail.com

皆様の応援 ご協力をどうか宜しくお願いいたします!!募金口座  ゆうちょ銀行
(店名)五四八 (店番)548 (記号)15420 普通預金[ 19412221 ]
 (口座名義) 森の小径


(次回作業予定)
11月8日 [火曜日] 現場に10時ごろ集合
Yさんと私の2人で作業予定

作業内容は  
①屋根の周りから雨が降りこまないよう、波板で補強する
②」立ち退き部分の犬 残り8匹の内から5匹を新犬舎に移動する準備




(11月4日作業報告)

昨日の疲れで今日は12時集合の予定が
大きく出遅れ、午後二時前になり現地到着。
御寄附のフードやパックを開けて
21食分の準備。その間犬達は
待ちきれない、早く早くと大合唱!!
食器を置く暇もない早業でアッと言う間に完食です
すばやく食べる子と全然食べられない子がいます。

仔犬の様子を見に行くと 居ない!!
驚いて必死にさがすと、子犬はすきまから隣の部屋に移動していた!
賢い子で隣の部屋をトイレにしていたのです。
心配でここには置けないと
預かって帰ることになりました
e0212095_150581.jpg

外の木につながれていた子達にも御寄附の犬小屋がプレゼントされ
皆犬小屋に入っていました
あんなに臆病で最後までおやつもフードも食べられなかった子が
倉敷中庄のOさんから頂いた大きな犬小屋の中に
ちょこんと入っていました
ぶどうのフェンスの中に母犬と一緒につながれていたので
嬉しかったのでしょうね
e0212095_1595668.jpg


(11月3日作業報告)

仔犬が犬舎のすきまからチョコチョコ出て
斜面を降りて行くのを発見!!
それを止めようと母犬や成犬達がフェンスの下を掘って大脱走!!
犬達は大喜びでぶどう畑を全力疾走です!!
私は心臓が飛び出しそうな思いで
一番大きな白い犬 ジョンに飛びついて抱きつきました。
もっと遊びたいと言うジョンを無理やりバリケンに押し込み強制帰室。
続いて大型レノンもあっさり御用となりました。
しかし仔犬の母?と叔母には随分てこずらされました。
もうへとへとです…
仔犬と母犬?を新犬舎に抱いて連れ込みましたが
母犬は2メートルのフェンスを上り僅かなすきまから
飛び出そうとしています!!
「ダメ! ダメ!骨折する!!捕まえてー!!」
私は絶叫していました。
足を掴んで下半身を抱いて下ろしましたが犬も何されるかと
必死です。
仔犬2匹を傍に置いてあげるとやっと落ち着き
ヤレヤレ・・・
この日はどの子も全身ドロドロでした。

午後やっと作業に専念でき間取りをかえ,
犬が外の景色を見れるようにやりかえた。
くまちゃんも外が見えるようになり嬉しそう.

(11月1日火曜日 作業報告)

岡山市のYさんと私の二人で行ってきた
あまり作業は進まなかったが
全員の排泄物のかたずけとおやつ、コミュニケーションが中心。
前回から皆が前に出てきておやつを食べるようになったのと
犬舎の中にもはいれるようになった。

3匹の仔犬は大きくなっていて
おやつをあげていたら、成犬に踏みつけられながら
必死に食べ物を探して食べようとする
何とか食べさせてあげたいと思っていた時
仔犬が隙間から外に出てきた。
レトルトのパックを開けて口元に持っていくと
あっと言うまに完食!
悩んだ末、ボランティア参加して下さってる岡山市のKさんに
預かって頂くことになった。

早速病院受診して下さり
検便の結果虫はいなかったが、便は毛ばかりだったとのこと
胸が痛い!!
後の2匹も早く保護しないと、以前の仔犬のように行方不明になってしまうかも…



(10月25日火曜日作業報告)
岡山市のYさん と私と岡山市ボラのKさんの3人で行ってきた。
Yさんは突きあたり右側の扉を一人で作って下さり
鍵も全部につけて下さった。

e0212095_0352610.jpg


Kさんはおにぎりやおいしい筑前煮、卵焼きなど作ってきて下さり
3人でお昼を頂いた。しあわせ~

前日倉敷市のOさんが犬小屋二つと毛布・特大すのこなど
運びあげて下さった。

(10月22日作業報告)
本日雨の中、岡山市内のNさんと、Yさんと二人で
仕切りの中のドアを1枚作って取り付け、鍵も3か所着けられた。
仕切りの下の隙間も埋めたり細かいところを色々補修。
夕方まで一生懸命やって下さった!

仔犬は元気に穴の中でお母さんのおっぱいを吸っていた。
20日に新犬舎に移した子たちが5年くらい入っていた所。
今彼らがどんなに嬉しいかがわかるでしょう。

e0212095_153693.jpg
e0212095_172167.jpg
e0212095_184685.jpg
e0212095_1450840.jpg
e0212095_14512919.jpg


(10月20日作業報告)
朝いつもより早く起き、小さな足あとのSさんは自宅の保護犬8匹の世話をし
(内数カ月前に皮膚病で全身ずるむげになったわんこは、
いまだよくならず隔離飼育。一匹の老犬は危篤状態。)にもかかわらず
後ろ髪惹かれる思いで後を家族に託し、それから個人シェルターで
保護犬たちの世話をしてから多頭飼育崩壊現場にー。
わんぱーくのSさんは数日前からの腰痛で作業もままならない状態の中
自宅の保護猫多数の世話を済ませた上、シェルターの保護犬5匹と仔犬7匹の世話
に向かってからボランティアさんを案内して参加。
森の小径 Mは、自宅の保護犬3匹と猫2匹に慌ただしくフードとお水を入れ替え
他家に預けている成猫4匹と6カ月になる子猫2匹の世話に向かい
そのあと集合場所に預けている保護犬2匹の散歩と世話をして急ぐー
そんなわけで毎日の様に朝から夜遅くまで走り回っているので
家族や保護犬・猫達の事は、命の優先順位から後回しになってしまう。
いつもごめんね、ごめんねと詫びながら走っている。
私自身も2~3日前から体調崩し行っても作業にならない状態だが
じっとしてはいられない。
本日は力強い助っ人さんが現れた。早いうちに支援物資を送って下さった
瀬戸内のKさんだ。大きなワンボックスカーで駆けつけ
資材や犬小屋(我が家で使っていない少しいたんでいるが雨風よけにはなる)
を積み込み、運転できない私を乗せて現場に送って下さった。
結局2時半まで手伝って下さり感謝感謝!!


忙しい中をボランティアのYさんが参加して下さり男性1名と女性3名で
集合した。資金と材料不足、人手不足で作業も遅々として進まない中

とりあえず最初からの目的である糞尿の岩盤の上に何年も閉じ込められていた
大きな犬3匹を出してあげようということで準備が始まった

保健所から2名+ボランティアさん2名+我々3名
大きく深呼吸して3匹のいる犬小屋の前に立った。
3匹とも何が始まるのか不安がって右往左往。
粉塵の舞い上がる中時間をかけて保健所の方も
根気よく付き合って下さった。相当時間をかけて
ついに1匹がバリケンに入った!!一同歓声があがる。
キャスターつきのバリケンを2名でガラガラ押して
新しい犬舎に着くと同時に後ろで声が上がり
振りかえると次の子のバリケンがもうこちらに向かってきた!!
そして3匹めの子も!!
e0212095_1191455.jpg

e0212095_11101686.jpg

e0212095_11125439.jpg


この2カ月現場にいても自宅にいても、どうやってあの子たちを出すか!?
悩み続けた結果はあっけなく解決した。
しかし後8匹が早急に立ち退きを迫られているところに居る。
新しい犬舎には、後4匹入れる。
残り4匹と仔犬たち、外の木につながれた犬7匹の対応が急がれるがー。

(10月16日作業報告)
本日8名で頑張って、中に仕切りをして
8部屋できました。外のフェンスの目が大きかった為
脱走予防にフェンスの切れ端などを張り付け
とりあえず3匹を入居させた。

 「俺もあそこにはいれるのかなー」
e0212095_23482683.jpg


バリケンの中で何週間も過ごし、ノイローゼになっていた子。やっと出れました!!
又今日も新たな仔犬が3匹生れていました!
e0212095_036766.jpg


実は10月8日の作業に出掛ける日の朝、
誰もが息をのむ出来事が起こっていた!!
個人シェルターに集合して資材を積み込んで下さっている間
何気なく多頭飼育の現場から連れてきた仔犬3匹と母犬をのぞいてみたら
!!!!!何これー私はとっさに何がどうなっているのか
理解できなかった。つまり、母犬と生後2週間ほどの
仔犬を連れてきたのに、今目の前でその母犬が出産中なのである!!
e0212095_1571192.jpg


なんと私達は仔犬を守っていた、おっぱいの大きな犬が母犬と思いこみ他の犬を
親子として連れてきたということだ。しかも他の犬の子供3匹と一緒に
バリケンの中に入れて育てさせた…


その母犬はいつも私達の事を
なんともいえぬ目でみつめていたっけ。 そういうことだったのか・・・ごめんね
ごめんね!!  気がつくと4匹目の子が仮死状態である。
われにかえり急いでその子を抱き上げタオルでくるみ、マッサージをしたり逆さにして
振ってみたりして数分後にやっと弱々しくひと声泣いた。

良かった!後は母犬にまかせて前の仔犬3匹を取り出した。
この子たちの母親は誰だろう…抱き上げたまま私は途方にくれていた。

e0212095_231013.jpg


運よく現場に向かう途中の動物病院でこの子たちを預かって下さったので
やれやれ これで作業に向かえたということである。
しかし、そのうちの一番小さな仔犬が肺炎をおこし、ミルクも飲まず
ぐったりしていて明日までもちそうにないと言う知らせがはいった。
私達は回復を祈りながら作業にあたったが
次の日もその次の日も危篤状態は続いた。
そんな中母犬にも限界がきていた。そこで暖かい屋内のシェルターに
母子を移動することになった。

この続きは色々あって次回にー。




(10月8日作業報告)
沢山のボランティアさんが集まってくださり、鉄製の大型フェンスが
組み立てられました!!
中に仕切りをし、波板で屋根を乗せれば、犬を入れてあげられます。
引き続き作業を手伝って下さる方を募集しています。

わんちゃん達も犬舎のでき具合を見守っています
e0212095_0545711.jpg


わたしたちも早くここから出してね
e0212095_1192124.jpg

e0212095_1205927.jpg


10月5日 ごんちのお葬式
今日は 10時から、ごんちのお葬式がありました。
ゴンチはとても穏やかないい顔をして、眠っているようです。
中にはぬいぐるみのお友達を一杯入れてもらい
沢山のお花の中で横たわっていました。
私達は帰り道 ゴンチから託されたメッセージを
しっかり心に刻みながら次の任務に向かいました。

10月3日
悲しいお知らせです
一番最初に助け出された3匹の成犬の内の
大きなオス犬ゴンチが本日急性膵炎で
亡くなりました・・・
大勢のボランティアさんに愛され
可愛がられていた ゴンチ
今夜は1時間かかる道のりを
お別れに駆けつけて下さるボランティアさんたちと
ゴンチのお通夜です
明日は全員がお別れしたいということで
明後日の5日ペットピアにて お葬式を行います
お世話して下さったボランティアさん、そしてご支援頂いた皆様に
ゴンチから ありがとう ❤

10月2日
ゆりままさんより4トントラックでフェンスなどの資材を
朝早くから届けて下さいました!!感謝 感謝 感謝
本当に、できないことをして頂きました
有難うございました!!


[9月29日活動報告)
成犬で4番目の犬が本日助け出され
岡山市内のN様が預かりさんになって下さいました!!
着いてすぐに食事をペロリと完食し
お代わりまでしました
その後多頭現場に行ってみると
可哀そうな出来事が起こっていました…

仔犬が1匹亡くなっていたのです

残った3匹の仔犬を囲み
仲間の3人で相談してこの親子を
しばらく預かることにして連れ帰りました

(9月22日活動報告)
保健所の適正飼育指導のもと
私達も協力して オス・メスを分けて来ました
バリケンに入れてた子を出して木につなぎ
本日分けた子をあいたバリケンにいれてきました
子犬4匹と母犬もバリケンに入れて来ました

本日応援に駆けつけて下さった
ゆりままのお姉さまが仔犬を2匹
引き取って下さいました!!
e0212095_001884.jpg


[9月18日活動報告)現場の清掃とオスメス分ける為に必要な、犬たちをかわす場所のご協力を得ることができ
本日岡山東区ボランティアN様と場所を貸して下さる所の会長様ご協力のもと
草刈りをすることができました。
お忙しい日常のお仕事の間の貴重なお休みを、苛酷な運命を目の前にした
犬たちの為に、惜しまぬ労力を提供して下さり、本当に有難うございました!!


(9月15日 4度目訪問)
やはり汚水の溜まった中にいて悲惨な状態でした。
中を掃除できるところはきれいにできたのですが
犬舎の方は土なので、そこに犬たちが穴を掘ったりして
水がたまりドロドロの中にいます

今回行った時に又子犬が3匹生まれていました
早急にオスメスわけたいのですが
かわす場所づくりが間に合いません
更にこの雨で今日予定の工事が中止
せざるをえなくなりました。
更に現場に向かう道の一部が
がけ崩れがおこり 当分工事に入るのが
不可能になり頭を抱えています!!


9月13日活動報告
又子犬が4匹生まれていました!!
皆がわたしも私もと おやつをなだり
身を乗り出してきました

 (9月5日 地主様との話し合いの結果報告)
話し合いは順調にすすみ、地主様のご理解を得ることができ
ボランティアグループが犬たちの世話に係り
匂いと鳴き声の軽減に努めることで
この子たちの処分は免れました
しかし現場は台風の影響で
排泄物と雨水でプール状になり足腰がつかっている子も多い状態です!
至急犬たちをかわす囲い作りに取り組むべく
フェンスや扉にする材料あつめや 軽トラで運んで頂ける
ボランティアを緊急募集しています!!
どうかこの子たちの命がつなげますように!!



(支援物資が届きました)
*早速京都のK様より素敵な首輪13本送って頂きました。有難うございます!!
 どの子に似合うかな?着けたところが楽しみです
*岡山市内のKさんより バスタオル5枚・ステンレスの滑り止め食器5個
 不足していたところで助かりました。有難うございました。
*ひめままさんより沢山のタオルとボール寄付届きました
*ゆりままさんよりユーカヌバフード大袋ご寄付頂きました
*ゆりままお姉さまより バスタオル・ステンレス食器14個・首輪3本届きました
*岡山市東区N様がタオル地のウエス8キロ手配し集めて下さいました
 *岡山市 小山さんよりタオル・ハンガー・洗剤 頂きました。
*新潟の下澤さん(岡山ゆりママさんご紹介)より、バスタオル・ドッグキャリー・わんこの服
 首輪・リード他多数 ダンボール箱2個届きました

(募金のお礼)
岡山市の Kさんより 5000円頂き早速資材の購入にあてさせて頂きました。
瀬戸内のKさんより5000円頂きました。早速当日の材料費の一部に充てさせて
頂きました。
倉敷市のNさんより、1万円御寄附頂き材料費の一部にさせて頂きました
 
>皆様温かいお気持ち有難うございます!!
*静岡県富士宮の 佐藤様ご夫妻よりフェンス キッチンペーパー バスタオル
 それに猫砂を大量に頂きました。どの品もどんどん使用しているので本当に助かり
大変有難く、感謝 感謝の気持ちで一杯です!! 

又、ゆりママさんご夫妻でこの御厚志を富士宮市迄大型車両で受け取りに行って下さいました!!
 いつも大変な労力をおかけして、さぞお疲れになったことと思います。
ゆりママ御自身も大変な重病の大型犬を毎日のように病院受診しながら
抱きかかえての看病されておられると聞いています。
今までは多頭飼育崩壊の現場の事で頭が一杯でしたが
やっと大型犬舎の外枠が立ち上がり(これもゆりママと御主人さまのおかげで出来たこと)
少し一息着いた時
なぜ? ゆりママも御主人さまも ここまでして頂けるのだろう
何かしてあげたいけど内の子の世話で大変だから…
普通はそうなんだろうけど。
ゆりママ御一家はそれを超えて愛の手を惜しまず広げられる。
私の人生でこのような方とお会いしたのは初めてです。
人間社会の崩壊を嘆く 神様 仏様が送られた 使者のようなお方
だとおもいます。
 普通では不可能なことが、まるでまるで夢のように
私達の想いを超えてどんどん実現していくー
他県からも寄せられる御支援の輪
それらの支援物資を使って、苛酷な運命の迫った犬たちに
救済の手を差し伸べて活動に参加して下さるボランティアさん達…
皆様の温かいご支援の御心をなんとしても花開かせたい!!

確かに他にも苛酷な運命を目の前している動物は沢山います。
私達もこの件以外にも、保健所から引き出したり
山の中を駆けずりまわって野良犬となった子たちを保護したり
捨て犬捨て猫を保護して不妊手術をし、里親探しをしています。
飼い主一人ひとりが自覚をもってきちんと適正飼育をして下されば
これらの後始末にかける 大変なエネルギーと時間、労力
そして何より大きな金銭的負担!!が減り、
私達が目標としている 殺処分ゼロ で
不幸な動物のいない社会の実現に向けて活動できるのですが…

残念ながら無責任な飼い主の後始末に追われているのが現状です。
しかしもの言えず、訴えることのできない動物たちのことを考えると
その子たちの流す涙を両手でしっかりと受け止めてあげたい!!
せめてその叫びを代弁してあげたい
そんな思いで日々活動しています。
皆様の御支援 どうか宜しくお願い致します

募金口座  ゆうちょ銀行
(店名)五四八 (店番)548 (記号)15420 普通預金[ 19412221 ]
 (口座名義) 森の小径
[PR]

by marinnta | 2012-12-29 02:00